コンセプト・ポリシー

学部コンセプト

1
地域をつくりあげている諸要素(社会・文化・自然)に関する幅広い知識を修得し、それらを相互に関連づけて理解する高度な思考力を養成します。
2
地域にある様々な公共的課題を探求するために必要な知的好奇心を養います。
3
批判的判断力、創造的表現力、コミュニケーション力を発揮して、地域社会の課題解決にたずさわる実践力を磨きます。
4
最終的に、高い倫理観と責任感をもって地域社会の再生・持続的発展に貢献できる人材の養成を目指します。

改組図

改組図

3つのポリシー

入学者受け入れの方針

地域学部では、地域とそこに生きる人々との関わりに関心を持ち、これを科学的に探究し、地域の持続的な発展に貢献したいと願う人を求めます。

学位授与の方針

地域学部は、学生が本学における学修と経験を通じて次の能力を身につけて、所定の単位を修得した時に学士の学位(地域学)を授与します。

  1. 社会、文化、自然に関する幅広い知識・理解、これを土台とした、地域の公共的課題の探求に関わる深い知識・理解、方法と技能、そしてこれらを統合した豊かな教養
  2. 地域に生起する様々な諸問題を探求し解決していくのに必要な論理的思考力、批判的判断力、創造的表現力
  3. 地域の現実問題に対して幅広い視野と興味・関心を持ち、主体的・自律的・継続的に学び続けることができる生涯学習力
  4. 高い倫理観及び責任感を持ち、他者との豊かなコミュニケーションをもとに、協力・共同して地域社会を創造する社会的実践力

教育課程編成の考え方

上記の学位授与方針で示した能力を学士課程の入学者全員が身に付けることができるよう、次の基本的な考え方で教育課程を編成します。

  1. 大学での学修の動機を明確にして、主体的に学修に取り組めるよう、大学入門科目及び学部・学科の専門に関わる入門科目を設けるなど初年次教育を位置づけます。
  2. 教養豊かな地域学士を養成するため,全学共通科目と学部の専門科目をバランスよく提供します。
  3. 総合的な地域学に関わる基本的な知識と実践力の修得のため,学部共通科目として,地域課題に対する学際的な視野・枠組みを学ぶ理論系の「地域学系科目」、実践的探求力の修得を目的とする「実践科目」、そして関連分野に関する知識を学ぶ「学部基礎科目」を設定します。
     また、これらをテーマに応じて総合し結実する「専門ゼミ」と「卒業研究」を設けます。
  4. 基本的な専門性に関する知識と方法論を修得させるため、各コースにコース科目を設定します。
  5. 理論に関する「地域学系科目」や「コ-ス科目」と「実践科目」との相互往還を年次進行とともに進め、4年次の卒業研究で総合的な結実を図る、理論・実践相互往還型の融合的なカリキュラムを設定します。
  6. 他者と協働して、地域の諸問題を実践的に解決できる力を養うために、対話型・共同参加型の授業の展開に努めるとともに、海外を含めたフィールドワークなど活動的学びを積極的に取り入れます。
Top