地域学部からのお知らせ

地域学部地域創造コース菰田レエ也講師が2022年度日本協同組合学会誌奨励賞を受賞

2022/06/03(金)

  地域学部地域創造コースの菰田レエ也講師が、2022年度の日本協同組合学会誌奨励賞を受賞しました。

  

  対象となった論文の題目は「ワーカーズ・コレクティブが労働統合型社会的企業として台頭する条件の考察――ネットワーク分析から見たリーダーが果たす役割に着目して――」(『協同組合研究』第41巻第1号、2021615日刊)です。この論文において菰田講師は、近年のワーカーズ・コレクティブ運動の中から登場してきた労働統合型社会的企業が成り立つその条件を、長期間に及ぶフィールドワークによって調査し、コラボレーションを生み出すリーダーシップを媒介に「市民的集合性」ともいうべき多様な地域の人々同士の繋がりが、起業過程において重要な役割を果たすことを明らかにしました。当該学会からこの論文は、「労働者協同組合のアクターとそのネットワークの役割にも着目し、その有用性を明らかにした点に特徴があります。その知見は市民的事業体一般が形づくられていくあり方を示唆しており、今後一層の研究の深化が期待される論考であることから学会誌奨励賞に相応しい業績です。協同組合研究の発展に寄与するその功績をここに称え賞します」と評価されました。

  日本協同組合学会誌奨励賞は、表彰の前年度に掲載された論文の中で優れたものを執筆した著者で、当該学会に3年以上継続して所属する40歳未満の会員に授与されるもので、表彰式は2022528日に開催された日本協同組合学会第40回春季研究大会(於京都JAビル)において行われました。