地域学部からのお知らせ

孤立ゼロのまちづくりを考える研修会in用瀬開催のご案内

2018/08/21(火)

 認知症や要介護状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けられるために、地域包括ケアシステムの構築が求められています。しかし、家族の介護力の低下で公的な介護・医療サービスだけでは十分に支えられず、地域生活が継続できないケースの増加も懸念されています。さらに、生活に困りながら孤立して暮らす住民の増加も大きな課題です。
 このような時代に誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けるには、公的なケアサービスの充実に加えて、住民主体の支え愛活動の発展が不可欠です。そこで今回は、全国的に活動が広まりつつある「傾聴ボランティア」に注目して、その意義と可能性を探るとともに、「孤立ゼロのまちづくり」に向けて私たちに何ができるかを考えたいと思います。


【日  時】平成30年9月22日(土)13:30~16:35


【会  場】用瀬地区保健センター大集会室


【対  象】ボランティア活動や社会福祉に関心のある方、保健医療福祉の専門職や民生委員・社
       会福祉協議会の関係者など。どなたでもご参加いただけます。


【定  員】200名(先着順)・参加無料


【研修内容】<講演>誰も孤立しない地域へ~「傾聴ボランティア」の意義と可能性
                               講師:鈴木絹英先生(NPO法人ホールファミリーケア協会・理事長)

             <シンポジウム>孤立ゼロのまちづくりを目指して~用瀬町の福祉活動の課題を考える


【問い合せ】社会福祉法人 地域でくらす会・いくのさん家 担当:竹本匡吾

       電話(0857)37-3727 FAX(0857)37-3728

       メール ikuno@hal.ne.jp(参加申し込み用アドレスを兼ねています)


【参加申込について】

     ①参加申込み書(PDFファイルをご覧下さい)に必要事項をご記入下さい。
       ②ファックスのある方は、申込み書をいくのさん家竹本宛にお送りください。
     ③ファックスのない方は、以下の申込み書部分を切り取り、鳥取市用瀬人権文化センターの
       金谷達美所長までご提出ください。
               ④Eメールでの申込みをご希望の方は、申込み書の事項を記入の上お送りください。
               ⑤資料準備の都合上、申込みの締切は9月17日(月)となります。


【主  催】 とっとり在宅ホスピス推進ネットワーク
                     鳥取大学(戦略3-1プロジェクト)


【後  援】 鳥取市
                     鳥取市社会福祉協議会



プログラム他詳細は下記pdfファイルをご覧下さい。



Top