国際地域文化コース

日本と世界の様々な地域で「一人ひとりの生活と生の充実」
「つながりの創出」を文化を通じて実現していくために

学びの目的

国際地域文化コースでは、現代社会の文化的特質を理解するとともに、人や文化がグローバルに移動するなかで、国や地域で歴史的に形成されてきた文化が異なる文化と出会い、選択・受容・反発・混淆を通して絶えず変化していくことを学びます。そして、芸術文化を含む様々な文化、それらの関係性と変化、様々な文化が生活においてもつ意味を、深く理解することを目指します。こうした学修によって、自らを知り、また日本を含む世界の様々な地域で、異質性を理解し、創造性を活かして「一人ひとりの生活と生の充実」「つながりの創出」を実現するために必要な知識と技法、言語能力や現地感覚・現場感覚を身に着けた人材を養成します。

そのための学びの柱として3つのプログラムを設けています。考古・歴史・言語・文学を軸に地域や日本の文化を深層から学ぶ〈日本の歴史と文化〉、英語・中国語・韓国語などの言語のほかに、多様な地域の歴史と文化について学ぶ〈グローバルな文化と地域〉、芸術などを通じて、新たな見方や生き方を生み出す「創造性」の社会的役割を実践的に学ぶ〈創造性とコミュニティ〉です。

学び・研究のテーマ

  • 多様な文化遺産の評価・保存や活用
  • 日本文化の歴史と現在の姿の解明
  • 多様な文化が織りなす関係性とそれが生活においてもつ意味の探究
  • 文化的相違の尊重と多文化的現実に対応する柔軟性の涵養
  • 芸術実践などを通じた創造的コミュニティの構築
  • 芸術文化の創造・発信とそれに必要なアートマネジメント力
  • 豊かな地域をつくるための知識や能力の修得

学びの特徴

以下の3つのテーマの下、多様なフィールドワーク系の授業を展開します。

  • 地域の文化資源を再発見し評価・保存や活用する基礎を学ぶ
  • 様々な文化の関係性や重層性を理解し、異文化に関わる現地感覚や現場感覚を身に付ける
  • 「創造性」の社会的役割を、文化を通じたまちづくり活動や芸術実践活動への参加を交えながら多角的に学ぶ

 これらの授業は、教室で学ぶだけではない実践的な学習の機会であると共に、地域に住む人々と協働して課題に取り組むことで、豊かな地域づくりに貢献することにもなります。  また、現地感覚を養うために、海外フィールドワーク・海外調査実習・短期語学研修・長期留学など、海外に行くことを勧めます。

例:アストン大学(イギリス)、ウオータールー大学(カナダ)、アデレード大学(オーストラリア)、南バハカリフォルニア自治大学(メキシコ)、マラヤ大学(マレーシア)、マケレレ大学(ウガンダ)、厦門大学、北京林業大学(以上、中国)、高雄師範大学、銘傳大学(以上、台湾)、翰林大学校、釜慶大学校(以上、韓国)

Top