国際地域文化コース

日本と世界の様々な地域で「一人ひとりの生活と生の充実」
「つながりの創出」を文化を通じて実現していくために

学びの目的

国際地域文化コースでは、現代社会の文化的特質を理解するとともに、人や文化がグローバルに移動するなかで、国や地域で歴史的に形成されてきた文化が異なる文化と出会い、選択・受容・反発・混淆を通して絶えず変化していくことを学びます。そして、芸術文化を含む様々な文化、それらの関係性と変化、様々な文化が生活においてもつ意味を、深く理解することを目指します。こうした学修によって、自らを知り、また日本を含む世界の様々な地域で、異質性を理解し、創造性を活かして「一人ひとりの生活と生の充実」「つながりの創出」を実現するために必要な知識と技法、言語能力や現地感覚・現場感覚を身に着けた人材を養成します。

そのための学びの柱として3つのプログラムを設けています。考古・歴史・言語・文学を軸に地域や日本の文化を深層から学ぶ〈日本の歴史と文化〉、英語・中国語・韓国語などの言語のほかに、多様な地域の歴史と文化について学ぶ〈グローバルな文化と地域〉、芸術などを通じて、新たな見方や生き方を生み出す「創造性」の社会的役割を実践的に学ぶ〈創造性とコミュニティ〉です。

学び・研究のテーマ

  • 多様な文化遺産の評価・保存や活用
  • 日本文化の歴史と現在の姿の解明
  • 多様な文化が織りなす関係性とそれが生活においてもつ意味の探究
  • 文化的相違の尊重と多文化的現実に対応する柔軟性の涵養
  • 芸術実践などを通じた創造的コミュニティの構築
  • 芸術文化の創造・発信とそれに必要なアートマネジメント力
  • 豊かな地域をつくるための知識や能力の修得

学びの特徴

以下の3つのテーマの下、多様なフィールドワーク系の授業を展開します。

  • 地域の文化資源を再発見し評価・保存や活用する基礎を学ぶ
  • 様々な文化の関係性や重層性を理解し、異文化に関わる現地感覚や現場感覚を身に付ける
  • 「創造性」の社会的役割を、文化を通じたまちづくり活動や芸術実践活動への参加を交えながら多角的に学ぶ

 これらの授業は、教室で学ぶだけではない実践的な学習の機会であると共に、地域に住む人々と協働して課題に取り組むことで、豊かな地域づくりに貢献することにもなります。  また、現地感覚を養うために、海外フィールドワーク・海外調査実習・短期語学研修・長期留学など、海外に行くことを勧めます。

例:アストン大学(イギリス)、ウオータールー大学(カナダ)、アデレード大学(オーストラリア)、南バハカリフォルニア自治大学(メキシコ)、マラヤ大学(マレーシア)、マケレレ大学(ウガンダ)、厦門大学、北京林業大学(以上、中国)、高雄師範大学、銘傳大学(以上、台湾)、翰林大学校、釜慶大学校(以上、韓国)

3つのプログラム

「学びの柱」となる3つのプログラム

日本の歴史と文化

本プログラムは、自然と人間の営みが創り上げてきた日本と列島の歴史や、人間の豊かな内面世界を理解し、日本の文化について多面的に学ぶプログラムです。授業では、大地に眠る遺物資料や文字資料などから日本の歴史や文化遺産の重要性を考えるとともに、日本語学・日本文学を通じて日本の文化についての理解を深めます。人間の創り出した遺物と書物の双方を通じて日本の文化をより深く学んでいくことが、このプログラムの特徴です。また、欧米や東アジアなどの歴史や文化に関わる科目とあわせて履修することで、日本の歴史と文化を広い視野から捉えられるようになります。さらに、実践的な科目を通じて、地域の豊かな文化資源を再発見し、評価・活用する基礎を学びます。

グローバルな文化と地域

本プログラムでは、近現代社会の成り立ちと文化的特質、世界の様々な文化とその出会いから生まれる変化、文化が生活においてもつ意味などを多角的に学びます。多様な文化が織りなす関係性を捉えるまなざしを鍛えることで、歴史や文化の違いを認め尊重しつつ、絶えず変化していく多文化的現実に柔軟に対応できる発想力と行動力の獲得を目指します。  本プログラムの特徴は、世界の様々な地域の言語・歴史・文化・社会・芸術などを学術的に学べることです。また海外での語学研修やフィールド演習等を通して、現地感覚・現場感覚を身につけながら、多文化的な状況で生じる課題に実践的に取り組んでいきます。

創造性とコミュニティ

さまざまな芸術や文化の源である「創造性」は、私たちひとりひとりの生を充実させるものであると同時に、異なる文化を背負った人びとが共に暮らしていくために必要な「ゆるやかなつながり」の術ともなるものです。 本プログラムでは、文化と文化をつなぐアートの役割や、身体表現と豊かな生の関係、素直な自己表現を通じた他者との交わりを学ぶことで、自らの可能性を切り開き、また「ゆるやかなつながり」が紡ぐコミュニティについて学びます。アートやデザイン、フィールドワーク調査研究や地域の実践活動への参加を通じ、異文化がぶつかりあう現代社会をより豊かなものへと変えていくために必要な専門的知識と実行力を身につけることを目指します。

フィールドワーク参加学生の声

ホスピテイル・プロジェクト

ホスピテイル・プロジェクトは、鳥取市内の廃病院を舞台に、様々な芸術実践者などと協働しながら、アート作品の制作と展示、ワークショップやトークの実施、カフェの運営などを行うアートプロジェクトです。私たちもスタッフとして活動に参加しました。(Y.K)

東アジアフィールドワーク

中国厦門研修では、中国語の授業・文化体験・実地調査等があり、異文化を肌で体験することが出来ました。また、台湾現地調査(地域調査実習)では、インタビューや見学を通して、台湾の歴史や民間信仰の調査を行いました。(S.N)

考古学・保存科学フィールドワーク

私たちは、地域の歴史遺産を調査するとともにその保存を考える、考古学・保存科学のフィールドワークに参加しました。地道な作業が多いですが、歴史を読み解く重要な手がかりを発見する醍醐味もあり、あわせてチームワークの大切さも学んでいます。(T.K)

城下町鳥取の再発見

地域には歴史的・文化的な資源が眠っており、その再発見は大変重要なものです。私たちは地域調査実習で、変わりゆく鳥取城下を「消えゆく川」「移り変わる寺社」「城下を支えた水道システム」といったテーマで調査し、その成果を地域に発信しました。(T.S)

山陰のアカペラグループ

私は地域調査実習で、高校時代から活動していたポップスアカペラをテーマに、インタビューやアンケート調査を行いました。身近な興味や関心から「地域」の課題が見えてくると思います。私も、地域の文化活動を活発にするにはネットワークづくりや情報交換が重要だと分かりました。(M.M)

北米プログラム

北米プログラムでは、日系移民の歴史や現状をはじめ、性的・人種的マイノリティーやジェンダーの問題などを幅広く学ぶことが出来ました。また、現地でのインタビュー等を通して、英語の実践力を身につけることも出来ました。(R.K)

卒業論文

卒論題目

  • 東アジアにおける多国籍企業について
  • アメリカにおける日本の食文化
  • 魔女狩りを通してみる秩序観とその変容
  • 自由間接思考の翻訳研究-ジェイン・オースティンの「エマ」を事例に-
  • モーリス・ラヴェル作曲「クープランの墓」
  • 『源氏物語』の研究
  • 太宰治「女生徒」論
  • 子どもの役割語習得と使用についての研究
  • 岡山藩の歴史意識
  • 舞台作品の上演についての実践的考察-宮沢賢治作「注文の多い料理店」を通して-
  • 「土の人」と「風の人」を結ぶ地域の文化活動~鳥取県中部松崎「うめやカフェ」を事例に~

特色あるカリキュラムの紹介

カリキュラム

コース展開科目は、選んだプログラムの科目を中心に、他プログラム・他コースなどの科目を選択して履修します。表には、各プログラムで推奨する他コースなどの科目を示しています。

卒業生の声

(株)北國新聞社勤務

2012年3月 地域文化学科卒 出口 大介

私は地元石川県の北國新聞社の営業局に勤務しています。仕事は新聞広告のセールスが主ですが、ほかにも新聞社の主催事業の運営や組み立て、協賛社集めなど、多岐にわたっています。お客様は、小さな商店から地元を代表する大企業まで様々ですし、業種も医師や教師、お坊さんなど色々ですが、いずれも地域の生活に密接に関わっています。私は大学時代「地域」をキーワードに様々なことを学びました。地域と関わる仕事をする上で、ものを知っているか否かはとても重要です。お客様との世間話で知識が試されます。事業運営で課題に突き当たることもあります。そういう時に、大学時代に培った知識や思考の仕方がわたしを助けてくれます。これからも自らの地域学を育て学び続けたいと思っています。

(株)関西エアポートエージェンシー勤務

2015年3月 地域文化学科卒 平尾 萌子

私はもともと海外に興味があり、在学中に大学のプログラムを利用して、多くの国へ渡航しました。初めてのアメリカ渡航で、自分の中にあった当たり前を何度も覆され、もっと世界を見たい!と思うようになり、その後もフィリピン・インドネシア・マレーシアへ渡航しました。その経験から、もっと世界と繋がりたい、色んな人に出会ってみたいと思うようになり、現在は国際空港で働いています。お客様のほとんどが外国の方で、毎日さまざまな言葉で「ありがとう」と言って頂き、自分と世界の距離が日に日に近くなっていると感じます。大学では、自分の“やってみたい”と思ったことをまずやってみてください。そうして重ねた経験、そこで出会った人々は、これからの人生の大きな宝物になるはずです。

(有)アクティブ・プロ(米子市)勤務

2016年3月 地域文化学科卒 中野 ゆみ

大学では音楽や舞踊、美術など様々な芸術やアートマネジメントを学びました。講義や自分自身の表現活動を通して芸術の魅力を改めて感じ、「芸術活動をしている人たちを支えたい。多くの人に芸術に親しんでもらいたい」という思いがより強くなっていきました。現在は、各種イベントや学術大会などの会場設営から運営までをトータルサポートする地元の企業に勤めています。また事業拡大で、新築される公共ホールの運営や文化事業の企画なども、今後展開していくことが決まりました。以前からの思いが実現できる事業に携わることになり、とてもワクワクしています。芸術を通じた豊かな地域づくりに少しでも貢献したいと考えています。

Top