地域創造コース

個性豊かな、ゆとりある地域をつくる

学びの目的

人口減少社会を迎えた今日、地域を取り巻く環境や解決すべき課題はより一層複雑化、多様化しつつあります。少子高齢化や都市部への人口集中、過疎化の進行、地域コミュニティの希薄化、中心市街地の空洞化、した地方財政など、これらの課題は相互に関連し合う側面もあります。こうした地域課題に正面から向き合うには、地域づくりのための様々な分野からの理論形成と、自治体・住民・NPO・企業等の多様な主体の恊働による実践が求められています。地域創造コースでは、従来の発想のとどまらない新たな地域課題解決の手法を探求し、地域の望ましい姿を構想できる、「地域創造」に資するキーパーソンの養成を目指します。

学び・研究のテーマ

  • 自治・分権を中心とした自治体制と法
  • 自治体における地域計画のあり方
  • 行政と住民とのパートナーシップを推進するための方策
  • 住民の生活を豊かにするための地域組織のあり方
  • 地域経済を発展させる公共政策のあり方
  • 社会的課題を解決し地域の活性化を促すビジネスのあり方
  • 地域の生活課題や福祉ニーズに対応した地域福祉のあり方
  • 地域固有の資源を活用した豊かな地域のあり方

地域調査プロジェクトの取り組みについて

 2年次必修科目の地域調査プロジェクト(旧名称「地域調査実習」)では、地域創造コースの2年生全員が特定の調査対象地域に実際に足を運び、自らの関心や問題意識にしたがって地域の現状や課題を明らかにするとともに、今後の地域づくりに向けた提案などを行います。この取り組みを通じて学生は、社会調査や地域分析の基礎を身につけるとともに、住民との交流や報告会の開催などを通じてコミュニケーション力やプレゼンテーション力などの技能を磨きます。そして3年次以降は、この地域調査プロジェクトで培った基礎力の上に専門的な知識や技術を積み上げ、総仕上げとしての卒業研究に挑みます。

 本プロジェクトでは、地元自治体の多大な協力のもと、これまで湯梨浜町(2005~07年度)、岩美町(2008~10年度)、鳥取市南部地域(河原・用瀬・佐治)(2011~13年度)そして琴浦町(2014~16年度)を対象地域として調査活動を実施しています。そして1年間の活動の成果は、年度末に現地で開催する報告会や、詳細な調査報告書を作成することによって公表されます。このように「地域調査プロジェクト」は、「知と実践の融合」を基本理念とする鳥取大学の教育グランドデザインや、「地域づくりのキーパーソンの養成」という地域学部創設のコンセプトを代表する授業だといえます。

Top