鳥取大学地域学部地域文化学科

多様な文化を鳥取大学地域学部地域文化学科で学ぼう。

DDP留学生の声

2011年度入学

韓国釜慶大学 C.J.さん

「地域文化学科」。私が始めてこの学科の名前を聞いた時、何を勉強する学科であるかという疑問が出てきました。鳥取大学に留学する前、私にとって「地域」は本当に小さな領域を意味する単語でした。しかし、留学して地域文化を勉強すると、この考えは変りました。今、私にとって「地域」はどのぐらいでも広がることができる領域を意味する単語になりました。

私は鳥取大学で「小さいな地域」である鳥取の文化から、「広い地域」である世界の様々な文化まで勉強しました。特に、多数の国から来た留学生と遊んだり勉強したりした経験は、私にとっては本から学ぶ世界を実際に感じた本当にいい経験であったと思います。また、「地域調査実習」の授業では国際交流斑に入り、外国人である私の話と日本人である友たちの話を比較しながら、他の国の文化や考え方を理解することができるになりました。そして、今は東アジアの情報交流に関する卒業論文を書いています。

DDPプログラムのカリキュラムを2年間で終わることは本当に大変なことですが、毎日毎日、私が知らない世界を分かるのが楽しみで、残りの留学生活も期待しています。