地域学部からのお知らせ

福祉フォーラム「中山間地域らしい福祉を考える—暮らしに森をとりもどす—」

2019/02/28(木)

フォーラム「中山間地域らしい福祉を考える—暮らしに森をとりもどす—」プログラム

38日(金)午前930分~午後5時  鳥取大学広報センター1CDL

 

 9:30 開会挨拶


趣旨説明

 9:309:45  家中 茂(鳥取大学地域学部教授)

            「暮らしに森をとりもどす─「生業・生活統合型多世代共創コミュニティモデルの開発」プロジェクトから」

 9:4510:15 服部真治(鳥取大学地域学部特任教員/医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構研究部

            研究員兼研究総務部次長)

            「地域に自治をとりもどす─介護保険事業計画策定に取り組むことの意義」

 

第1部part1】 暮らしに福祉を根づかせる—智頭町における取り組み

 10:1510:45 芦谷健吾(智頭町福祉課副主幹)「智頭町における介護保険計画及び介護予防の取り組み」

 10:4511:15 國岡将平(智頭町生活支援コーディネーター/智頭ノ森ノ学ビ舎事務局長)

            「93%が森のまちで暮らし続けるということ」

 11:1511:35 服部真治「2つの報告をうけて」

 11:3512:00 質疑応答&討論

 

休憩(ランチタイム)12:0013:00

 

第1部part2暮らしに福祉を根づかせる─八頭町における取り組み

 13:0013:50 竹川俊夫(鳥取大学地域学部准教授)「八頭町における地域共生社会の実現に向けた取り組み」

 13:5014:10 質疑応答&討論

 

第2部part1森の福祉力をひきだす─介護予防の視点から

 14:1014:30 服部真治「農林業への関わりと助け合い活動への参加意識の関係」

 14:3014:50 市田行信(鳥取大学地域学部特任教員/政策基礎研究所代表取締役)

            「農林業への関りと高齢者の健康との関連性」

 14:5015:20 質疑応答&討論

 

休憩(コーヒーブレイク)15:1015:25

 

第2部part2森の福祉力をひきだす—子育て支援の視点から

 15:2515:55 東根ちよ(鳥取大学地域学部講師)「鳥取県内における自然保育認証制度の成立プロセス」

 15:5516:10 質疑応答&討論


全体討論

 16:1017:00

 コメンテーター:竹本匡吾(社会福祉法人 地域でくらす会 「いくのさん家」担当)


 17:00 閉会挨拶:法橋 誠(鳥取大学理事・副学長)



JST-RISTEX「生活統合型多世代共創コミュニティモデルの開発」プロジェクト

(「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域)

参加申込み不要・入場無料です。興味のある方はお気軽においでください。


※詳しい内容はPDFファイルをご覧ください。

Top