地域教育専攻 発達科学分野

発達科学分野

生涯発達を計画し支援できる高度な専門的力量をもった、地域におけるひとづくりのスペシャリストを養成します。そのため、特別なニーズを有する人々を含むすべての人々を対象に、人間発達に関する教育学、保育学、心理学、医学などの多分野からの複合的なアプローチを重視した理論的な研究教育、および生涯発達支援を具体的に計画・実践・評価していく実践的な研究教育を行います。

カリキュラムの特色

カリキュラムの特色カリキュラムの特色発達科学における理論と実践の融合を図り、高度な実践的力量を形成するために、1年次に、地域の教育関係施設、教育福祉関係施設等での調査、実習、学校・施設職員との意見交換などを中心とする通年科目を設けています(「臨床発達心理学」と「地域教育調査研究」)。

これらの科目と「特別研究Ⅰ・Ⅱ」におけるチュートリアルを中心に、自らの問題意識と研究方法論を吟味しながら、人間発達に関する選択科目を履修していきます。その際、人々の発達とその支援に関して、得意分野をもちながら、より高度に、専門的に学習できるよう以下に掲げる4つの修学コースを設けます。 なお、興味・関心・ニーズに応じて、所属コース意外の施設科目、他分野の開設科目を履修することもできます。

人々の発達とその支援に関して、得意分野をもちながら、より高度に、専門的に学習できるよう4つの学修コースを設けます。

教育学コース

保育及び学校教育を含む生涯教育の理論と実践について深く学び、地域における保育や教育をデザインできる力量を形成します。

心理学コース

生涯にわたる心の発達のメカニズムと研究法について深く学び、地域における心理支援の課題に応えられる力量を形成します。

特別支援教育コース

障害児・者など特別なニーズをもつ人々の発達について深く学び、発達保障のための教育、教育福祉の課題に応えられる力量を形成します。

保育幼児教育コース

乳幼児を対象とした保育、幼児教育の理論と実践について学ぶとともに,家族支援を含めた地域の保育、幼児教育の課題に応えられる力量を形成します。

理論と実践の融合を図り、高度な実践的力量を形成するために、1年次に、地域の教育関係施設、教育福祉関係施設等での調査、実習、学校・施設職員との意見交換などを中心とする通年科目を設けています。

発達科学分野の講義担当一覧

平成25年度現在

氏名
担当授業科目
一盛 真 特別研究Ⅰ・Ⅱ、教育計画論7-人権教育特論-、教育史研究
大谷 直史
(教育センター)
教育計画論2-社会教育学特論-、社会教育学研究、地域教育調査研究
河合 努 特別研究Ⅰ・Ⅱ、教育計画論6-人間形成特論-、教育学研究
小枝 達也 特別研究Ⅰ・Ⅱ、発達福祉論3-障害児等病理学特論-、障害児等大脳生理学研究
児島 明 特別研究Ⅰ・Ⅱ、教育計画論1-教育社会学特論-、教育社会学研究、地域教育調査研究
小林 勝年
(教育センター)
発達基礎論3-教育臨床心理学特論-、教育臨床心理学研究、障害児等教育臨床心理学研究、臨床発達心理学研究
佐分利 育代 障害児等身体表現特論
塩野谷 斎 特別研究Ⅰ・Ⅱ、保育基礎論3-保育環境特論-、保育環境研究、保育総合研究
高取 憲一郎 発達基礎論1−教育心理学特論−、発達心理学研究
高橋 千枝 特別研究Ⅰ・Ⅱ、保育基礎論2-保育心理学特論-、保育心理学研究、保育総合研究、臨床発達心理学研究
田中 大介 特別研究Ⅰ・Ⅱ、発達基礎論2-発達心理学特論-、発達心理学研究
畑 千鶴乃 教育計画論5-保育学特論-、保育基礎論1-保育学特論-、保育学研究、保育総合研究
三木 裕和 特別研究Ⅰ・Ⅱ、発達福祉論1-障害児等教育学特論-、特別なニーズ教育研究
山根 俊喜 特別研究Ⅰ・Ⅱ、教育計画論4-教育課程特論-、教育評価研究