研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

個性豊かな地域の想像をめざす

研究科長 藤井 正地域学研究科は1994年設置の鳥取大学大学院教育学研究科を母体に、2007年に発足しました。地域を総合的に把握する能力を有し、かつ高度で専門的な知識と実践力を兼ね備えた人材を養成することをめざしています。

具体的には、(1)住民参加による活気あふれる地域、(2)人々が生き生きと学習し、成長できる地域、(3)地域の自然と歴史・文化を大切にする個性豊かな地域の創造をめざすために、2つの専攻科を設け、地域創造専攻では政策・文化・環境、地域教育専攻では教育といった地域学の個別領域について高度な専門性を持ち、地域の特性を熟知した人材の養成を目指しています。また、最近の国際化の流れに従い、本研究科では留学生の受入れを促進しています。その他、リカレント教育のための社会人、特に現職教員、地方自治体職員、企業職員及び地域づくりに取り組んでいるNPOなどの職員を積極的に受け入れます。

このように、地域学研究科は時代に応じた教育研究活動を目指しています。活気あふれる、生き生きとした地域、自然と歴史・文化を大切にする個性豊かな地域の創造をめざす方々の進学をお待ちしています。

 

研究科長 藤井 正