地域創造専攻 地域文化分野

地域文化分野

芸術を含む文化の側面から地域の再生・発展に貢献するスペシャリストを養成します。このため、地域生活における文化の意義、地域の文化的課題の発見と分析、効果的な政策立案と評価、さらには、国際的コミュニケーション能力を生かした地域文化の活性化や、文化の創造性への深い理解に基づく地域文化・芸術事業の企画・実行等について、理論と実践の両面にわたって教育研究を行います。

カリキュラムの特色

カリキュラムの特色全体としては、「国際交流と異文化理解特論」と「多文化社会特論」、「創造都市特論」などの必修科目を通して、今日の世界を文化的に深く理解し、文化の創造性を活かした地域づくりをするための最先端の理論と実践を学びます。「地域フィールドワーク」では、地域の現状を具体的に把握するために、実際に地域に入って調査を行います。  選択科目の履修は自由にできますが、次の3つの視点に立ってより深い専門性を身につけることができます。

地域の文化的個性と文化交流

 「イギリス地域文化特論」、「フランス地域文化史特論」、「中国地域文化史特論」、「日本地域史特論」、「アフリカ文化特論」、「比較文化交流特論」などの他、「東アジア文化論ゼミ」、「中・東欧地域文化論ゼミ」、「文化交流論ゼミ」、「日本文化論ゼミ」などを履修することにより、地域の文化的個性の成り立ちと変化、種々の交流のあり方と問題点について学ぶことができます。

これにより、文化の意義と機能を踏まえて、その活用策を立案する能力と、異文化に偏見なく接し対話ができる国際的なコミュニケーション能力を獲得できます。

文化の創造性を活かした地域の活性化

文化の創造性を活かした地域の活性化「アートマネジメント特論」などの他に地域政策分野の授業科目を履修することで、文化政策を企画・立案するために必要な知識を獲得することができます。

 これによって、行政や企業等のガバナンスの仕組みを理解した、現実的で効果的な政策立案に必要な課題発見能力、分析能力、政策立案能力を身につけることができます。

芸術文化による地域の活性化

芸術文化による地域の活性化芸術文化に関する理論的授業や芸術表現を重視した実践的授業、たとえば「芸術表現研究Ⅰ」、「芸術表現研究Ⅱ」、「芸術文化ゼミ」などを履修することによって、地域の芸術文化の振興とこれを通じた地域の活性化に役立つための企画・実行力を身につけることができます。

地域文化分野の授業担当一覧

平成25年度現在

氏名
担当授業科目
柳 静我 東アジア地域文化特論、東アジア文化論ゼミ
柳原 邦光 特別研究Ⅰ・Ⅱ、フランス地域文化史特論、フランス地域文化史ゼミ
野田 邦弘 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、創造都市特論、アートマネージメント特論
長柄 裕美 特別研究Ⅰ・Ⅱ
中 朋美 アメリカ地域文化特論、文化交流論ゼミ、アメリカ地域文化論ゼミ
内藤 久子 特別研究Ⅰ・Ⅱ、ヨーロッパ地域芸術特論、中・東欧地域文化論ゼミ
田中 仁 日本文化史特論、日本文化論ゼミ
小泉 元宏 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域社会研究特論
ケイツ. A. K
(Kip A. CATES)
特別研究Ⅰ・Ⅱ、国際交流と異文化理解特論、文化交流論ゼミ
北川 扶生子 特別研究Ⅰ・Ⅱ、日本近代文化特論、日本文化論ゼミ
岸本 覚 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、日本地域史特論
榎木 久薫 特別研究Ⅰ・Ⅱ、日本語学特論、日本語学ゼミ
茨木 透 特別研究Ⅰ・Ⅱ、アフリカ文化特論
石谷 孝二 特別研究Ⅰ・Ⅱ、芸術表現研究Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術文化ゼミ
五島 朋子 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術文化ゼミ
佐分利 育代 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術表現研究Ⅰ、芸術文化ゼミ
筒井 宏樹 地域フィールドワーク、美学美術史特論、芸術表現研究Ⅱ、芸術文化ゼミ
新倉 健 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術表現研究Ⅰ、芸術文化ゼミ
西岡 千秋 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術表現研究Ⅰ、芸術文化ゼミ
平井 覚 特別研究Ⅰ・Ⅱ、地域フィールドワーク、芸術表現研究Ⅱ、芸術文化ゼミ