地域調査実習|鳥取大学地域学部地域環境学科

鳥取大学 地域学部地域環境学科
  • 学部トップ
  • 大学トップ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

地域調査実習

地域学部では,2年次に「地域調査実習」という学生実習を設けています。
地域環境学科では,2年次生を10ほどの小グループに分け,グループごとに実習を進めています。
少人数での学びや共同作業,ディスカッションを重ねて専門知識を養いながら,地域の課題に関する調査や実験を行います。
調査・研究を実践し,発表会で成果を報告することで「地域環境づくり」に関する力を養います。

地域調査実習の流れ

1月

調査実習の内容説明会(1年次生)

各グループの実習の進め方や内容について説明します。
2月

調査実習グループ分け会議(1年次生)

希望調査をもとに,グループ分けを決定します。
グループが決まると,教員の指導がはじまります。2月や3月に動くグループもありますよ。
4月

調査実習スタート

各グループごとに,調査実習がスタートします。
6月

(前年度の)発表会を見学

1年先輩の学生がまとめた調査実習の成果発表会を見学します。
8月-9月

夏休み期間

夏休みだからといって安心してはいけません。課題は待ってくれないのです。
野外調査や,実験が待っていることもあります。
10月

実習は続く

この頃になると,自分たちで取ったデータもたまってきます。
データの入力や解析,はたまたデータ取りのやり直しなどが出てきます。調べることもたくさんでてきます。
11月

外部講師の講演

毎年時期は違いますが,環境に関する地域課題について講演をお願いしています。
鳥取県庁生活環境部に,ご講演をお願いすることが多くなっています。
12月

まとめの時期

冬になると,そろそろ結果のまとめを考えなくてはいけません。
どこのグループもPCでの作業が多くなってくるでしょう。
2月

報告書提出

グループごとに,調査実習の報告書をまとめて提出します。
一段落,ですが,まだまだ続く・・。
4月-7月

プレゼンテーション技法(3年次生)

グループごとに,2年次の調査実習を材料に,プレゼンテーションのしかたを磨きます。
発表会は例年6月,授業時間以外も使って,発表会準備に打ち込みます。
そして,発表会・・・いままでとは違うものが見えてくる・・・はず。

これまでの発表会

平成29年度(第17回) 29年6月17日発表

平成29年度(第17回) 2017年6月17日発表

学部3年生(2015年度入学)による平成29年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成28年度(第16回) 28年6月18日発表

平成28年度(第16回) 2016年6月18日発表

学部3年生(2014年度入学)による平成28年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成27年度(第15回) 27年6月6日発表

平成27年度(第15回) 2015年6月6日発表

学部3年生(2013年度入学)による平成27年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成26年度(第14回) 26年6月14日発表

平成26年度(第14回) 2014年6月14日発表

学部3年生(2012年度入学)による平成26年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成25年度(第13回) 25年6月15日発表

平成25年度(第13回) 2013年6月15日発表

学部3年生(2011年度入学)による平成25年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成24年度(第12回) 24年6月16日発表

平成24年度(第12回) 2012年6月16日発表

学部3年生(2010年度入学)による平成24年度地域調査実習成果報告会を,とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて開催しました。

平成23年度(第11回) 2011年6月18日発表

平成23年度(第11回) 2011年6月18日発表

とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)第1会議室にて,平成23年度地域調査実習成果報告会を開催しました。

第1回から10回のページ

第1回~第10回のページ

第1回(2001)~第10回(2010)については,サイトリニューアル前の「学科行事紹介ページ」をご覧下さい。