平成24年 第9回鳥取大学と鳥取県の共同シンポジウム|鳥取大学地域学部地域環境学科

鳥取大学 地域学部地域環境学科
  • 学部トップ
  • 大学トップ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

シンポジウム

第10回鳥取大学と鳥取県の共同シンポジウム「再生可能エネルギーによる持続可能な地域づくり」

本シンポジウムは、地域学部地域環境学科と鳥取県の各部局が、関心の高いトピックを選定して開催するものです。2013年12月1日(日)午後,とりぎん文化会館にて,10回目となる学科シンポジウムを開催しました。約130名の方々にご来場いただきました。

今回のテーマは再生可能エネルギーの利用です。
 記念すべき10回目は、再生可能エネルギーに注目しました。 地域で再生可能エネルギーを利用して安定的かつ安全な電力を需給するとともに、地域への導入効果やまちづくりへの活用について議論しました。

  基調講演では、堀尾 正靱(ほりお まさゆき) 東京農工大学名誉教授・ 龍谷大学政策学部教授に「脱温暖化時代の地域づくり―自然エネルギー・省 エネルギーとまちづくり」と題してご講演いただきました。社会技術という新しい観点から、再生可能エネルギーを活用した地域づくりの事例と、今後の課題についてご発表いただきました。

つぎに、鳥取大学から地域学部田川公太朗准教授、工学研究科坂口裕樹教授、原 豊准教授が、研究の成果とその技術動向について報告しました。鳥取県や鳥取市からも再生可能エネルギーの導入状況や取り組みについてご紹介をいただいたのち、安藤由和地域学部長をコーディネーターとして、意見交換を行いました。 来場者の皆様から、再生可能エネルギーの技術や導入課題、地域づくりへの活用策、地域への波及効果などについて多くのご質問・ご提案をいただき、活発な討論が行われました。 来場者の皆様や関係者の皆様に、厚く御礼を申し上げます。

プログラム

13:30- 開会あいさつ 中山貴雄(鳥取県生活環境部長)
13:35-13:40 趣旨説明 田川公太朗(鳥取大学地域学部地域環境学科准教授)
13:40-14:30 基調講演 「脱温暖化時代の地域づくり-自然エネルギー・省エネルギーとまちづくり- 」
堀尾 正靱(龍谷大学・政策学部教授)
14:30-14:45 休憩  
14:45-15:45 研究報告

【独立型太陽光発電による揚水と点滴灌漑への応用】
田川公太朗 (鳥取大学地域学部地域環境学科准教授)

【新しい形で低コスト化を目指す小型垂直軸風車の研究】
原 豊(鳥取大学大学院工学研究科准教授)

【蓄電池材料開発の最前線~鳥取大学の発想を中心に~】
坂口裕樹(鳥取大学大学院工学研究科教授)

15:45-16:30 講演者と来場者との意見交換

【鳥取県,鳥取市における再生可能エネルギー導入の取り組み】
中山貴雄 (鳥取県生活環境部長)・大田斉之 (鳥取市経済観光部長)

【再生可能エネルギーによる地域づくりについてのディスカッション】
コーディネーター:安藤由和(鳥取大学地域学部長)

16:30- 閉会あいさつ 細井由彦(鳥取大学理事(企画・評価担当,広報担当)

会場のようすを写真で紹介します。

  • 会場前のパネル
    1.
    会場前のパネル
    鳥取県中山部長さまのごあいさつ
    2.
    中山部長さま
    会場のようす
    3.
    会場のようす
  • 堀尾先生,基調講演
    4.
    堀尾先生,基調講演
    安藤学部長による進行
    5.
    安藤学部長
    鳥取県のとりくみ報告
    6.
    鳥取県のとりくみ報告
  • 鳥取市のとりくみ報告
    7.
    鳥取市からの報告
    来場者との意見交換
    8.
    来場者との意見交換
    おわりのあいさつ・細井理事
    9.
    おわりのあいさつ・細井理事