留学生の受け入れ

地域学部および大学院地域学研究科への留学を希望する皆さんへ

地域学部および地域学研究科に留学する場合、留学生として入学するための区分は以下の通りです。

外国人留学生の区分

区分 概要
学部留学生
(正規生)
地域学部の正規課程に在籍し、4年間学びます。卒業すると「学士」の資格が与えられます。
大学院留学生
(正規生)
地域学研究科(修士)の正規課程に在籍し、2年間学びます。修了すると「修士」の資格が与えられます。
研究生
(非正規生)
学部または大学院で単位取得を目的とせずに研究を希望するための制度です。期間は原則1年ですが、1年間の延長が認められる場合もあります。原則として、大学卒業以上の学歴を持つ人を対象にしています。
特別研究学生
(非正規生)
外国の大学院に在籍する学生が、在籍大学院と協議の上、鳥取大学で研究指導を受ける制度です
特別聴講学生
(非正規生)
外国の大学または大学院に在籍する学生が、在籍大学・院と協議の上、鳥取大学で授業を聴講できる制度です。

入学方法

留学生としての区分によって、入学方法が異なります。

区分 概要
学部留学生
(正規生)
独立行政法人日本学生支援機構 フローチャートを参照してください。
大学院留学生
(正規生)
地域学研究科が行っている試験に合格して入学できます。前年度の9月に試験があり、翌年4月からの入学となります。

研究生

(非正規生)

詳しくは地域学部教務係にお問い合わせください。

地域学部教務係

TEL:0857-31-5073 FAX:0857-31-5076

電子メール:reg-kyoumu@adm.tottori-u.ac.jp

留学支援制度

【奨学金】 日本政府の奨学金の種類と申請方法

日本政府の奨学金の種類と申請方法は、以下の通りです。

種類 概要と申請方法
大使館推薦 渡日前に在外日本公館(日本国大使館・総領事館)で推薦を受けます。
「大使館推薦」の募集選考の窓口は在外日本公館(日本国大使館・総領事館)です。出願書類、選考方法および諸手続き等については最寄りの日本公館に問い合わせてください。
「教員研修留学生」を希望の方は、日本政府(文部科学省)奨学金教員研修留学生コースガイド2018(鳥取大学)をご覧下さい。
「日本語・日本文化研修留学生」を希望の方は、日本政府(文部科学省)奨学金日本語・日本文化研修留学生コースガイド2018(鳥取大学)をご覧下さい。zipファイルがダウンロードされます。
大学推薦 鳥取大学が大学間学術交流協定等による外国人留学希望者を渡日前に審査し、留学希望者を研究留学生(大学院レベル)及び日本語・日本文化研修留学生(学部レベル)の候補者として文部科学省に推薦します。
国内採用 在学中の私費留学生が対象となります。新年度の4月に大学学部の正規生として4年次に進級が見込める学部3年次生、大学院修士課程に正規生として進学する見込みの学部4年次生、および正規生として在学する修士課程生のなかから、学内での選考のうえ文部科学省に推薦します。

私費外国人留学生に対する奨学金の支援

鳥取大学では、1年に2回(前期分は3月、後期分は9月)、奨学金の受給を希望する私費留学生から「奨学金等申込書」を受け付けます。

この申請書を提出した留学生の推薦順位を大学内の会議により決定します。

各民間団体から奨学金の募集があった場合に、推薦順位上位の者から順に、申請の意志を個別に確認したうえで、鳥取大学から推薦します。

宿舎

留学生のための宿舎として、鳥取大学国際交流会館があります。

鳥取大学湖山キャンパスから徒歩15分と近く、通学にも便利です。

1人部屋50室、2人部屋6室、3人部屋3室のほか、ラウンジ、集会室、共同シャワールーム、共同キッチン等があり、新しく来日した留学生の生活の拠点となっています。

Top