3つのプログラム

「学びの柱」となる3つのプログラム

学修を明確化するために、学生の希望に基づき2年次後期に選択 *定員は設けません

日本の歴史と文化

本プログラムは、自然と人間の営みが創り上げてきた日本と列島の歴史や、人間の豊かな内面世界を理解し、日本の文化について多面的に学ぶプログラムです。授業では、大地に眠る遺物資料や文字資料などから日本の歴史や文化遺産の重要性を考えるとともに、日本語学・日本文学を通じて日本の文化についての理解を深めます。人間の創り出した遺物と書物の双方を通じて日本の文化をより深く学んでいくことが、このプログラムの特徴です。また、欧米や東アジアなどの歴史や文化に関わる科目とあわせて履修することで、日本の歴史と文化を広い視野から捉えられるようになります。さらに、実践的な科目を通じて、地域の豊かな文化資源を再発見し、評価・活用する基礎を学びます。

グローバルな文化と地域

本プログラムでは、近現代社会の成り立ちと文化的特質、世界の様々な文化とその出会いから生まれる変化、文化が生活においてもつ意味などを多角的に学びます。多様な文化が織りなす関係性を捉えるまなざしを鍛えることで、歴史や文化の違いを認め尊重しつつ、絶えず変化していく多文化的現実に柔軟に対応できる発想力と行動力の獲得を目指します。  本プログラムの特徴は、世界の様々な地域の言語・歴史・文化・社会・芸術などを学術的に学べることです。また海外での語学研修やフィールド演習等を通して、現地感覚・現場感覚を身につけながら、多文化的な状況で生じる課題に実践的に取り組んでいきます。

創造性とコミュニティ

さまざまな芸術や文化の源である「創造性」は、私たちひとりひとりの生を充実させるものであると同時に、異なる文化を背負った人びとが共に暮らしていくために必要な「ゆるやかなつながり」の術ともなるものです。 本プログラムでは、文化と文化をつなぐアートの役割や、身体表現と豊かな生の関係、素直な自己表現を通じた他者との交わりを学ぶことで、自らの可能性を切り開き、また「ゆるやかなつながり」が紡ぐコミュニティについて学びます。アートやデザイン、フィールドワーク調査研究や地域の実践活動への参加を通じ、異文化がぶつかりあう現代社会をより豊かなものへと変えていくために必要な専門的知識と実行力を身につけることを目指します。

Top