人間形成コース

地域における人づくりのキーパーソンを育成

学びの目的

人間形成コースでは、地域で暮らすすべての人々が、生涯にわたって豊かに発達していくための、学習支援と発達支援、そして発達福祉のあり方とその方法を学びます。このため、心理学、教育学、特別支援教育学、学習科学、保育学など基礎的な学問を学び、これをもとに、地域で起こっている発達と学習そして発達福祉に関する問題を発見し、解決する方途を探求します。こうして地域づくりの一環を担える、教師や保育士を含む地域における人づくりのキー・パーソンを育成します。

学び・研究のテーマ

  • 生涯にわたる人間発達の心理
  • 障害児・者を含むすべての人々の発達を支援するための教育・福祉・医学
  • 教育学の基礎と地域の教育調査に基づく教育計画作り
  • 学校教育など幅広い文化領域の学習支援の内容と方法
  • 乳幼児理解と保育現場に関する理論と実践

学びの特徴(実習・演習を通した活動的学び)

人間形成コースでは、希望する進路や資格等に合わせて、様々な実習の機会があります。小学校・幼稚園・特別支援学校における教育実習や、保育園・児童福祉施設における保育実習、さらには人間形成ゼミ等のゼミ活動を通じて、地域に出向き、調査活動を行っています。学校・放課後児童クラブ・児童福祉施設・子ども会・障害児者施設・NPOといった地域のさまざまな活動の場でボランティアを体験する機会も豊富にあります。

3つのプログラム

「学びの柱」となる3つのプログラム

発達福祉プログラム

子どもの社会的・文化的・心理的・医学的多様性と学習・発達との関係を学び、地域において、学習や発達に困難を抱える子ども達を含めたすべての子ども達の教育ニーズを満たすことのできる人材を養成します。卒業後は、幼児教育や特別支援教育や保育士など、広く社会福祉分野の現場で活躍するとともに、政策づくりあるいはそれを推進する人材養成の場で地域の人づくりを支える役割を担うことが期待されます。

学習デザインプログラム

生涯発達の立場から人間の学びを捉え、学習科学の理論的・実践的理解に基づいて、様々な文化領域における効果的な学習や研修プログラムをデザインする力と実践力をもった人材を養成します。卒業後は、地域の企業における人材開発分野や教育産業のほか、小学校を中心に学校現場で教員として地域の人づくりを支えていくことも期待されます。

地域と教育プログラム

家庭・学校・社会における教育の諸問題を地域の持続的発展との関わりにおいて捉え直し、教育学の立場から原理的かつ実践的に理解することを通じて、人々の生涯にわたる学習と発達を支援し、課題解決、社会づくりに貢献できる力をもった人材を養成します。卒業後は、教員や、各種の教育・福祉関連の施設の運営や行政機関、学校現場において地域との連携を図る中心的存在として活躍することが期待されます。

学生生活(年間スケジュール)

学生生活(年間スケジュール)の表

卒業論文

卒論題目

  • 子どもの貧困についての一考察
  • 数学教育学における概念形成過程に関する一考察~図形の移動・変換に焦点を当てて~
  • 市民教育としてのDV予防学習
  • 特別支援学級に在籍する児童の仲間関係に関する研究
  • 小学校の外国語活動と中学校の英語教育との連携 フォニックスの法則に目を向けて
  • 教員志望者の教職に対する意識変化
  • 誰かの見守りの中、つながりの中で育つこと-鳥取市のNPO団体みんなの居場所ぽっとを事例に-
  • 思春期の自閉症児の生い立ちから必要な支援や課題を探る-関係者へのインタビューと放課後等デイサービスでの参与観察を通して-
  • 絵本の読み聞かせボランティアの現状と課題
  • 鳥取市内公立保育所における童謡の実践に関する研究
  • 地域をフィールドとした学びの可能性と課題~岩美高校を事例として~
  • 社会的養護施設で生活する子どもたちの声を拾いあげる子どもオンブズの取り組み~川西市オンブズパーソンの事例から~
  • 鳥取県作文教育史研究
  • 中国における「留守児童」と言われる子どもたちの教育環境に関する研究~子どもたちと地域・家庭・学校とのつながりに焦点を当てて~
  • 幼保連携型認定こども園における子育て支援に関する研究

特色あるカリキュラムの紹介

地域教育学の考え方

人間形成コースのカリキュラム

卒業生の声

保育士(八頭町立保育所)

2013年3月 地域教育学科卒 井上 将

私は、「将来保育士になりたい」と中学生の頃から希望していました。大学受験時に4年間かけて保育をじっくり学びたいと思い、鳥取大学の受験を決意しました。私の入った幼児教育コースでは、4年間かけて保育の理念や実践を様々な角度から学ぶことができました。同じ目標をもった友人達との活動やボランティアの機会もたくさんあり、そこでできた多くの繋がりは、就職した今でも私の大切な財産となっています。

小学校教諭(東伯郡東郷小学校)

2014年3月 地域教育学科卒 秋山 大樹

学生時代、どの講義でも「つながり」という言葉が幾度となく繰り返されていたのを覚えています。人と人、人とモノ、人と地域、人と自然、私たちは様々なつながりを持って生きていることを学びました。私は今、小学校で教員として働いていますが、学校現場はまさにつながりばかりです。子どもたちの成長を語り合う教員同士のつながり、子どもたちのことを考え学校と家での様子を伝え合う保護者の方々とのつながり、運動会や学習発表会を共に盛り上げる地域の方々とのつながり。その中心に自分が立っていることを自覚し、日々を過ごしています。

児童指導員(米子児童相談所)

2015年3月 地域教育学科卒 山西 智美

地域教育学科の魅力は、入学してから色んな分野を学んだ後に興味ある分野のゼミを選択出来る点だと思います。私は小学校教員を目指して入学しましたが、様々な講義を受けるうちに福祉に興味を持つようになり、福祉の分野で働くことに決めました。児童相談所は子どもに接する職場なので、教育と福祉は異なることも多いですが、大学時代に学んだ知識や教育実習などの経験一つ一つが今の仕事にいかされていると思います。

Top