特色あるカリキュラムの紹介

地域教育学の考え方

人間形成コースのカリキュラム

卒業生の声

保育士(八頭町立保育所)

2013年3月 地域教育学科卒 井上 将

私は、「将来保育士になりたい」と中学生の頃から希望していました。大学受験時に4年間かけて保育をじっくり学びたいと思い、鳥取大学の受験を決意しました。私の入った幼児教育コースでは、4年間かけて保育の理念や実践を様々な角度から学ぶことができました。同じ目標をもった友人達との活動やボランティアの機会もたくさんあり、そこでできた多くの繋がりは、就職した今でも私の大切な財産となっています。

小学校教諭(東伯郡東郷小学校)

2014年3月 地域教育学科卒 秋山 大樹

学生時代、どの講義でも「つながり」という言葉が幾度となく繰り返されていたのを覚えています。人と人、人とモノ、人と地域、人と自然、私たちは様々なつながりを持って生きていることを学びました。私は今、小学校で教員として働いていますが、学校現場はまさにつながりばかりです。子どもたちの成長を語り合う教員同士のつながり、子どもたちのことを考え学校と家での様子を伝え合う保護者の方々とのつながり、運動会や学習発表会を共に盛り上げる地域の方々とのつながり。その中心に自分が立っていることを自覚し、日々を過ごしています。

児童指導員(米子児童相談所)

2015年3月 地域教育学科卒 山西 智美

地域教育学科の魅力は、入学してから色んな分野を学んだ後に興味ある分野のゼミを選択出来る点だと思います。私は小学校教員を目指して入学しましたが、様々な講義を受けるうちに福祉に興味を持つようになり、福祉の分野で働くことに決めました。児童相談所は子どもに接する職場なので、教育と福祉は異なることも多いですが、大学時代に学んだ知識や教育実習などの経験一つ一つが今の仕事にいかされていると思います。

Top