学部長あいさつ

学部長あいさつ

地域の未来を切り開く〜地域のキーパーソンを育成する〜

地域学部長 藤井 正 Tadashi FUJII

地域学部長 藤井 正東京は世界都市として発展を続け、地方は衰退している。こうしたイメージを漠然と持っている人はまだ多いでしょう。人口減少とともに多くの地方が消滅するという報告があり、これが最近の地方創生の動きにつながりました。一方、地方志向の若者は増えており、がんばっている地域は消滅しないという強い反論もあります。でもグローバル経済の成長が、すべてを解決するとまだ考えている人も多いようです。これに対し、今後の社会や暮らしを考える時、それだけではまずいのではないか、限界が来るとも考えられています。地球環境問題という限界もそのひとつです。そこで、新たな価値観やライフスタイルが展開しつつあります。グローバル経済とは異なる経済や社会のシステムもまた、今後、とても大事であるという考え方です。その基礎になるのが地域で考える視点なのです。

地域学部は2004年に、地域の未来を切り開く地域のキーパーソンを養成することを目的に創設された学部です。「地域」とは人々が生活している空間の広がりと、そこでの社会関係を示す言葉です。地域は自然環境や人間活動の様々な要素で構成され、それが地域の個性をつくっています。そして世界は、規模や性質の異なるさまざまな地域が重なり合って形成されており、人間が解決を迫られている多くの課題は、この地域をベースとして考えることができます。そのために既存の学問体系を再編成したのが「地域学」です。 地域学部では、持続可能な地域の実現には地域環境、地域文化、地域教育、地域政策の4つの観点が必要であると考えています。この4領域に関する専門的な知識や能力と地域学における関連分野への広い視野、そして地域創生の情熱を持った「地域のキーパーソン」を生み出すことが地域学部の使命です。そのため地域学部の教育研究においては、地域に学び、地域の課題を発見し、課題の解決を図ります。

日本で一番人口が少ない鳥取県ですが、現代日本の課題を踏まえ、今後の社会のあり方を考える場所としては先進地域なのです。東京で見えないライフスタイルや価値観の新しい展望を、是非鳥取で見つけ下さい。

東京と鳥取大学地域学部 -鳥取で学ぶ-」 地域学部長 藤井 正
(鳥取大学教育センター広報「アゴラ」40号 2015.4新入生歓迎特集,pdf)もご覧ください。

地域学部長